おちゃつのちょっとマイルドなblog

毎日のはずが最近はサボりサボり更新中。サッカーとアニメと音楽とたわいもない日記です

ARIA The ORIGINATION 第6話

ARIA The ORIGINATION第6話、「その 素敵な課外授業に…」。

コミック版は未読です。


冒頭では藍華に注意される灯里、アリスに注意されるアテナさん、お母さんに叱られたというアイちゃん。
しかし灯里はアリシアさんには叱られたことがない、怒ったところを見たことがないと言う。灯里の失敗やドジを見ていながらなぜアリシアさんは注意しないのか?疑問に思ったアリスはアリシアさんに直接尋ねる...。


ARIA The ORIGINATION 第5話

ARIA The ORIGINATION第5話、「その おもいでのクローバーは…」。

コミック版は未読です。


アリシアさんのオール捌きやアテナさんの歌声。そういった天賦の才能を持つ2人と昔から一緒にいた晃さんはどんな気持ちだったのだろう...。



ARIA The ORIGINATION 第4話

ARIA The ORIGINATION第4話、「その 明日を目指すものたちは…」。

コミック版は未読です。


予約がいっぱいで毎日多忙なアリシアさん。もっと役に立ちたいという灯里にトラゲット(渡し舟)の仕事を勧める。シングルが集うトラゲットの仕事場で灯里はあゆみ・アトラ・杏の3人と同じ持ち場を担当になり...というお話でした。


ARIA The ORIGINATION 第3話

ARIA The ORIGINATION第3話、「その こめられた想いは…」。

コミック版は未読です。

今日もお勉強会の3人、カドーロ補修工事の記事の話題からカフェ・フローリアンの話へ。休憩がてらカフェ・フローリアンに向かう途中、広場で子供たちに瓶詰めのチョコを売るパティシエ職人を見かける。とある少年がチョコを買った直後に転んでしまい、瓶が割れてチョコは散乱。新しいチョコを貰って少年は元気になったが、散らばったチョコを見て「なんだか、チョコも可哀想...」という灯里。


ARIA The ORIGINATION 第2話

ARIA The ORIGINATION第2話、「その 笑顔のお客さまは…」。

コミック版は未読です。

灯里に予約が入る。訪れたのはアマランタさんという婦人。何度もネオ・ヴェネツィアに来ていて大抵の名所は訪問したことがあるという彼女は、コースは灯里に任せ灯里だけにできる案内をと...。


結論を言えば灯里の案内した場所はことごとくアマランタさんが以前訪問したことがある場所ばかりだったわけですな。それどころか、灯里やアリシアさんですらも知らなかったような場所にも導いたりして...。3大妖精が昔シングルだった時にもそれぞれに案内をしてもらったことがあるというだけあって、かなりネオ・ヴェネツィア通なお客さんだったと。

自分だけの素敵な場所を案内できなかったことを謝罪する灯里。アマランタさんは首を横に振り、心のこもった案内をしてくれた、一生懸命もてなしてくれたと嬉しそうに話します。

最初はどういう素性の人か気になって、もしかしたらウンディーネ経験者か何かかと思ってたけどこのアマランタさんはとても素晴らしいお客さんですよね。
「素敵なウンディーネが育つ度に、ネオ・ヴェネツィアの街がもっと素敵な街になっていく気がするの。だから、私はシングルのゴンドラに乗るのよ」
この人本当にネオ・ヴェネツィアが大好きなんだな~って思いますね。そしてウンディーネもネオ・ヴェネツィアの一部であるのですな。灯里もまたネオ・ヴェネツィアが大好きなわけで、自分が成長していくことでそのネオ・ヴェネツィアの新しい素敵につながっていく。こんな話を聞いたらより一層頑張ろうと思いますよね。

「いつか...私が成長してプリマになったとき、またご案内させてもらえませんか」
この灯里の言葉もすごく印象的です。ネオ・ヴェネツィアを大好きなアマランタさんをもっと喜ばせたい。もっとこの街の素敵を紹介できるようになりたい。もっと素敵なウンディーネになりたいという彼女の純粋な思いが込められたセリフだと思いました。

今回のアマランタさんとの出会い、そして経験したことは灯里にとってすごく大きなものなんでしょうね。技術的にも成長しているようですし、いよいよプリマに向けての話が具体的になっていきそうで楽しみです。



ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUND TRACK treARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUND TRACK tre
(2008/02/20)
Senoo Choro Club
商品詳細を見る



ARIA The ORIGINATION 第1話

ARIA The ORIGINATION 第1話、「その やがて訪れる春の風に…」。

コミック版は未読です。

ついに3期目が始まりましたね~。
第1話の今回はカーニバルの直後。カーニバル中に間近で見た先輩組の仕事ぶりに刺激を受けた後輩組が、プリマに向けてのトレーニングを頑張ります...という話でした。

暁さんがサラマンダーの昇格試験を控えているということで藍華や灯里たちも昇格を意識し出すのですが、この3期では今までより一層プリマに向けての、そして独り立ちという感じの成長話になっていくのかな?

後輩組3人はお互いが見た先輩の活躍を紹介しあうんですね。3大妖精はさすがに経験豊富でいろんな状況に合わせて対応することができる。トラブルへの対応もできる。そういった出来事を間近で見てお互い話す、これは接客ノウハウとしてとてもいい勉強なるんでしょう。でもそれぞれ個性的なやり方ですから真似しようと思って出来るとは限りません。アバンで灯里がメールでアイちゃんに言っていた「力不足を感じる」というのは経験値からして当然ですし、今後そういう勉強になったことを生かしつつ灯里たちなりのやり方で色々なお客さんや出来事に対応していけるように成長していくんでしょうね。

それにしても3大妖精の活躍はそれぞれ凄かったですねw
アリシアさんの寒さを暖かく変える優しい機転と一片の雪を手に取らせる操船技術。晃さんはお調子者な客にキレずもてなす忍耐とバランス感覚、それとあわや転倒落水しそうになる客を助けゴンドラの転覆も回避する身体能力。で、アテナさんは泣く駄々っ子をも笑わす顔面術ですよ。・・・アリスちゃん、それもいいけどもっと他にないのかとw
でもみなお客さんに楽しんでもらい、いい思い出を持って帰ってもらうということが根本にあるんですよね。特に晃さんのところの客は今までのARIAでは出てこなかったタイプですから、それにキレずに対応する晃さんはすごく印象に残りました。「何かあったっけ?」「あーあれなー」とムシャムシャ食べながら大したことなさそうに話す晃さん格好良すぎ...。


映像的にもすごく良かったですね。キャラもすごく丁寧だし背景も美しい。技術的なことはよくわからないけど動画やカメラ割りも気に入りました。特に序盤、アリスがアルくんを見つけて近づいて行くところとかすごい凝ってますよね。あとアリシアさんの雪のところも。操船によるゴンドラの揺れ具合もいいですしカメラ割りも絶妙だと思いました。さらにEDの映像はめちゃめちゃ綺麗で絶句ものでした。

すごく期待していた分逆に心配だったんですけど、本当にクオリティ的にも話的にも大満足でのスタートです。始まった以上終わりがあるのが寂しいですけどまたARIAの世界が楽しめるというのは本当に嬉しいですね。


多分毎回記事が長いものになってしまうと思いますが読んでいただけたら嬉しいです。記事の感想あったらコメントよろしくお願いします~。


ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUND TRACK treARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUND TRACK tre
(2008/02/20)
Senoo Choro Club

商品詳細を見る



プロフィール

おちゃつ

Author:おちゃつ
神奈川在住♂

サッカーとか漫画とかアニメとかネットとかが趣味。あと音楽好き。クラシックからアニソンまでもろもろ聴いてます。サッカーはヴァンフォーレ甲府を応援しています。

2015年アニメアウォーズ!はこちらへ。

月別過去ログ
カテゴリー
リンク兼ブックマーク
断りもなく追加することあり


このブログをリンク登録
by BlogPeople