おちゃつのちょっとマイルドなblog

毎日のはずが最近はサボりサボり更新中。サッカーとアニメと音楽とたわいもない日記です

アニメ版のだめカンタービレ 第23話

のだめカンタービレ第23話、「Lesson23」。

今回で最終回でした。内容は前回に引き続きR☆Sオケニューイヤーコンサート・メイン曲のベト7、その後の打ち上げ、千秋福岡へ、実家でピアノを弾くのだめ、ハリセンからのメール、河川敷での再会、漫画風ED、干潟で...といった感じ。


最後だから言いたいことだらだら書いちゃおう。全体的な印象も含めて。

千秋にとっては大事な曲で、盛り上がるはずだった「ベト7」もなんかあっさりしてたなぁ。回想挟んだり心のセリフを言わせたりしてなんとか盛り上げようとしてるんだけど渡欧前の最後の演奏での思いとかこの曲への思いとかあんまり伝わってこないんで感情移入しずらいんだよね。原作もそうなのかもしれないんだけど練習の場面などによる印象づけが少ないからというのもあるだろうし、前回ラストの、峰のフリから次の回にメインを切ってしまったのも失敗だったと思う。さらに言えば本番中指揮する千秋の動きや表情も不満だった。

と書いておいて何なんだが、最後の方の文字のみでの演出(見落とした方もいるかも)を見るとこのアニメは演奏がどうこうよりも人の出会いによるトラウマ克服にメインのテーマがあったようだ。

これに関して言えば、千秋のトラウマはわかりやすかった。事故により飛行機(船も)に乗れず、才能を持ちながらも海外に出ることが出来なかったのだが心許せる相手であるのだめの催眠術で飛行機に乗れるようになり世界への扉が...という感じで明確に描かれてました。

だが一方のだめのトラウマに関しては最後の方にちょこちょこっと出てきた程度で「ああそんな過去があったのね」程度で終わってしまうような気がするんですね。瀬川の存在もなんか薄かったし、過去のピアノ教室の出来事もあまり強くは描かれていないし。のだめのエピソードの繋がりが曖昧で今でも理解しづらいです。

ただわかるのは、千秋のことがほんとに好きなんだなってことですね。千秋が大好きで、一緒にいたくて、でもミルヒーの言うとおりで今のままじゃ一緒にいれないと。そのために音楽と正面から向き合い、本来なら出たくないはずのコンクールに出て、それで堂々と千秋の隣にいれる自分になりたかったと。
つまりのだめの場合はスパルタ教育っていうトラウマのせいでピアノを真剣にやってこなかったしこの先も真剣にはやるつもりはなかったけど、千秋への思いを心の支えに逃げないで音楽と向き合う道を進み始めたという考え方でよいのかね?だれか良いと言ってくれww

「音楽と正面と向き合う」スタイルののだめでもマラドーナコンクールで評価され客の心を掴んだように、きっと奔放な個性は失われず素晴らしいピアノを聴かせてくれるんでしょうね~。


色々良いところも不満もそれぞれありましたし書いてきましたけどなんだかんだ言いつつ毎回見てきたアニメ版のだめカンタービレも今回で終了です。やはり淡々と進めすぎた気がするしもう少し各エピソードをしっかり描いて欲しかったですけどとりあえずお疲れ様と言うことで。
のだめ見たのはアニメのみという方はこの際コミックも読まれてはいかがでしょうか。

記事を読んでくださった方、TBやコメントでお付き合いくださった方どうもありがとうございました~!今後もどうぞよろしく。

ベートーヴェン:交響曲第5&7番 ベートーヴェン:交響曲第5&7番
クライバー(カルロス) (2002/09/25)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る



FC2TB
http://aniima.blog62.fc2.com/blog-entry-575.html
http://edoga.blog22.fc2.com/blog-entry-187.html
http://enocci.blog30.fc2.com/blog-entry-791.html
http://freetime10.blog95.fc2.com/blog-entry-191.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-424.html
http://sakuranomotonite.blog50.fc2.com/blog-entry-344.html
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1234.html
こんばんはー♪
アニメ・のだめも最終回になってしまいましたね。

おちゃつさんのおっしゃるように千秋に比べてのだめの掘り下げ話が駆け足になってしまったのが残念です。

前半、動かない!!!と叫び捲くったらCG多様で苦笑しましたが、そちらに力が行ってしまったのか、脚本の区切りもどこに重点が置かれているのかもきちんと決着しないまま終わってしまったように感じます。

原作の一コマでギャボー!!となるあの迫力をアニメから入った方にも読んで欲しいですね!

お疲れ様でした!
これからもよろしくお願いします!
[ 2007/06/29 21:57 ] [ 編集 ] TOP ▲
>おぼろ.さん
こんばんは!
わざわざ無駄に長い記事読んでいただいてありがとうございましたw

アニメ化ということでいろいろ期待しながら見ましたけど、
コミックの劣化版というのは言い過ぎかもしれませんがそんな感じになってしまったのは残念でしたね。
忠実かと思えば肝心なところをあっさり流してしまったり。
せっかくの素晴らしい素材なんだからもっと丁寧に作ってくれればと思ってしまいます。
もちろん元がいいのもあって十分楽しめるレベルではあったのですけど。

どうもお付き合いありがとうございました。この作品を通じて知り合うことができてよかったです。こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします!
[ 2007/06/29 23:07 ] [ 編集 ] TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ochatsu.blog36.fc2.com/tb.php/624-4195a7f7

のだめの嘘つきっぷりがばれてしまいましたよ最終回。R★Sにメンバーに、見事に留学の事がばれてしまっていた千秋。しかも、千秋目当てでオケに入った紀之には知らされないと言った徹底ぶり。さすが二年もつるんでいるだけの事はある峰は、次の指揮者の発表のタイミ....
ついに「のだめ」も最終回。  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;    23話ってキリが悪いし、 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;    モノノ怪は12日からなので、あと2話分ある・・・ 
[2007/06/29 21:50]
Free Time. | TOP ▲
ドラマと同じくのだめ音大編で最終回を迎えることになったアニメ。夕陽の中で二人は・・・!!!「Lesson23」ベートーヴェン交響曲第七番。ここから始まり、そして進化する!!!のだめ「この人が指揮します!!!」走馬灯のように今までのことが思い出される。S..
[2007/06/29 21:52]
おぼろ二次元日記 | TOP ▲
半年間。つい寝てしまい見逃したこともあったけどドラマ同様、楽しかった~!!「R☆Sオーケーストラ」の指揮者として使命を果たした千秋。 メンバーもそれぞれの道を歩み始める・・。しかし千秋はコンク
[2007/06/29 23:11]
shaberiba | TOP ▲
Lesson 23…千秋、大川市へ!の巻。R☆Sオケのコンサートは、最後の曲「ベト7」。今回の演奏シーンは、今までで最高の出来ではなかったですか?オケ全体の止め絵の時も指揮の千秋は動いていたり、演奏者のアップも
[2007/06/29 23:52]
salty blog | TOP ▲
のだめカンタービレも最終回ですね~でも原作はまだ続いているようで・・・・第二期やるんでしょうか?期待していいのかな?(気が早い<アニメ 感想 のだめカンタービレ 最終回 Lesson23 
[2007/06/30 01:10]
ALAのアニメ感想記 | TOP ▲
Lesson23(最終話)長年の悩みだった飛行機恐怖症を克服し、ついに海外留学に出る決心をした千秋。オケから抜ける自分の代わりの指揮者を、人気若手No.1の指揮者、松田に任せたことをオケのメンバーに告げると、千秋はこれで日本での仕事は終わったと確信する。だが..
[2007/06/30 06:11]
日々“是”精進! | TOP ▲
ハグハグキタ~!!! ↓ ↓
ハッピーエンドな最終回でした~ ベトベンの7番で千秋がオーケストラ人生を回想 あ
[2007/06/30 10:49]
Brilliant Corners | TOP ▲
最終回は、正直駆け足過ぎだと思いました。せめて全24話にして、もう少しのだめの心理を掘り下げて欲しかったと思います。のだめが、パリ留学を決意するのがあまりにも唐突で……。
千秋が後ろからのだめに抱きつくとこ、なんだか初めて少女漫画っぽくてせっかくのシーンなのにちょっと笑ってしまった。いや少女漫画じゃないしたぶん初めてではないとは思うんだけどねぇ。あんまりこれまでのイメージと違
[2007/06/30 13:49]
蒼碧白闇 | TOP ▲
アニメ版のだめ Lesson23最終回。終わっちゃって寂しい~(今回はまたまた長くなると思います)いきなりネタバレですが今回、短い30分という枠で一体どんな風にエピソードを詰め込んで終わらせるのだろうか、とちょっとはらはらしておりましたが、色々離れワザ的?テクニ..
[2007/06/30 20:08]
DorceVita | TOP ▲
「僕の方が幸せだぁ~~~」 ( ´艸`)  「嘘・・・聴いてないよそんな話・・・峰!!!うわぁぁぁぁぁぁぁ・・・詐欺だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・。」 (≧▽≦)   ちょ・・・相変わらず彰しゃんは素敵やなーーーww   ってことで・・・
Lesson23 R☆Sオケも一段落。脱退メンバーはそれぞれの道へ。 千秋は留学して自分も脱退することを伝える タイミングを窺ってたけど、お喋り峰。 既に高橋以外は周知済み。 勝手にぺらぺら喋られるのも困りもんだけど、 これですんなりいけると思うと助かりますね。 の
曲中に回想シーンをパラパラ流す"それっぽい"演出+エンディングロールに入りきらなかった小話を着色漫画ドラマ版と全く同じ内容でしたが、普通にいい終りでした
最終回らしく、過去の名シーンがふんだんに使われてましたね! しかも、それに合わせてベト7とシューベルトをたっぷり聴かせてくれるサービスっぷり♪ やっぱり、のだめはこうでなくっちゃ(´∀`*)。 のだめカンタービレ 特典 ピアノデザインのDISCケースデス付き 冒頭は
今回のアニメ版「のだめカンタービレ」は最終話だ。今回はR☆Sオケによるベートーベンの第7と、のだめが実家で演奏したシューベルトのピアノ・ソナタ第16番が劇中に流れてきたが、鉄火丼が今までで一番いいと思ったのは[?]である。そして、このアニメが終わった後、鉄火丼は
「Lesson 23」 ぬおーーーー最終回か~~~っっ!!!↓↓↓
[2007/07/03 12:10]
MoonDropDIARY | TOP ▲
のだめも、ついに最終話!の割に、感想遅れてスミマセン・・・最近超々多忙で。千秋がR☆Sオケでタクトを振った最後の曲は、因縁のベト7{/kirakira/}かつてシュトレーゼマンに「千秋、失格~」と言われたこの曲も、大成功を納めます。千秋もオケと同じく、日々進化を遂げ
[2007/07/04 00:13]
まりねこの足あと | TOP ▲
のだめカンタービレの第23話を見ました。★(PS2)のだめカンタービレLesson23千秋はステージでベートーヴェンの交響曲第7番を指揮し始め、千秋の脳裏に様々な思い出が蘇ってくる。《2年前、俺が初めてオーケストラを指揮した曲。そして、シュトレーゼマンにダメ出しされた...
[2007/07/04 14:54]
MAGI☆の日記 | TOP ▲
千秋はステージで、因縁のベートーヴェンの交響曲第7番を演奏します{/onigiri_1/}。これを最後にヨーロッパに旅立つのです。。千秋の脳裏に様々な思い出が蘇ってきます。「2年前、俺が初めてオーケストラを指揮した曲。 そして、シュトレーゼマンにダメ出しされた曲。 
[2007/07/06 10:07]
美味-BIMI- | TOP ▲
アニメ・のだめカンタービレも終わってしまいましたが、ドラマと同じ時期で終りのようです。最終回は音楽や回想も多かったのですが、千秋がのだめを迎えに行きます。(アニメ・のだめカンタービレ、最終回感想、以下に続きます)
プロフィール

おちゃつ

Author:おちゃつ
神奈川在住♂

サッカーとか漫画とかアニメとかネットとかが趣味。あと音楽好き。クラシックからアニソンまでもろもろ聴いてます。サッカーはヴァンフォーレ甲府を応援しています。

2015年アニメアウォーズ!はこちらへ。

月別過去ログ
カテゴリー
リンク兼ブックマーク
断りもなく追加することあり


このブログをリンク登録
by BlogPeople