おちゃつのちょっとマイルドなblog

毎日のはずが最近はサボりサボり更新中。サッカーとアニメと音楽とたわいもない日記です

弱虫ペダル 第26話

弱虫ペダル 第26話、「空が見える」。

原作コミックは未読です。

インハイ初日、今回は小田原の給水所付近まで。



最初の計測ポイントを田所鳴子のワンツーで制した総北。
これにより集団の先頭も交代。王者箱学が道を空け、総北が一番前に出て集団を率います。
ファーストリザルトを獲る事はチームにこういうアドバンテージももたらすんですね~。田所先輩たちが全力で獲得した先頭というポジション。あらためてチーム戦という事を感じさせます。

泉田の敗因についての会話。
泉田には「勝ちと負けが足りない」。
本気のレースを戦って、勝ったり負けたりを繰り返してきた中で学んできた「勝ちを探す」感覚。その有無が最後のコーンのアクシデントの場面で明暗を分けたようです。二人が避けなかったのはたまたまではなく、勝つための選択。とてもシンプルです。


箱根の山が近づき、飛び出していたスプリンター達が集団に合流します。役割を果たしての帰還、誇らしいですね。
もうじき山岳ステージで次はクライマーの仕事場です。山に向けての分担が主将から告げられ、小野田は前に出てチームを引っぱる役目を与えられました。大役ですが小野田の返事は覚悟を感じさせる力強いものでした。この時点では...。


小田原の市街地区間。
箱学のクライマー・東堂がナルシス全開で挨拶(宣戦布告)に来ました。
確かに箱根は箱学のホーム、地元の優位性はあるかもですね。


給水所に近づく頃、小野田に最悪のアクシデント。
ポジション争いに巻き込まれてクランクで転倒落車してしまったようです。なんとか復帰するも、チェーンに手間取り最下位での再出発に。ほんとに何やってんだか...。嫌な予感はしたけどまさかやらかすとは。


チームとしてもかなり痛い小野田の落車。
山が目前に迫る中、はたしてどうなるのでしょう。


弱虫ペダル Vol.4 初回生産限定版 Blu-ray【渡辺航描き下ろし新作漫画ブックレット・Vol.4~Vol.7収納BOX付き】弱虫ペダル Vol.4 初回生産限定版 Blu-ray【渡辺航描き下ろし新作漫画ブックレット・Vol.4~Vol.7収納BOX付き】
(2014/03/19)
山下大輝、鳥海浩輔 他

商品詳細を見る


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ochatsu.blog36.fc2.com/tb.php/3156-b6d168ee

弱虫ペダル「第26話 空が見える」に関するブログのエントリページです。
[2014/04/11 04:50]
anilog | TOP ▲
弱虫ペダル Vol.5 初回生産限定版 Blu-ray(2014/04/16)山下 大輝、鳥海 浩輔 他商品詳細を見る アニメ 弱虫ペダル 第26話 空が見える 牧歌的サブタイの罠?!
プロフィール

おちゃつ

Author:おちゃつ
神奈川在住♂

サッカーとか漫画とかアニメとかネットとかが趣味。あと音楽好き。クラシックからアニソンまでもろもろ聴いてます。サッカーはヴァンフォーレ甲府を応援しています。

2015年アニメアウォーズ!はこちらへ。

月別過去ログ
カテゴリー
リンク兼ブックマーク
断りもなく追加することあり


このブログをリンク登録
by BlogPeople