おちゃつのちょっとマイルドなblog

毎日のはずが最近はサボりサボり更新中。サッカーとアニメと音楽とたわいもない日記です

南アW杯13日目

W杯南アフリカ大会13日目、グループリーグC組2試合とD組2試合が行われます。

今日の2組も、強豪が敗退の可能性もありうる混戦でとても面白い状況になってます。勝ち上がるのはどのチームになるんでしょう...。

23:00~ グループC・スロベニアvsイングランド
23:00~ グループC・アメリカvsアルジェリア

27:30~ グループD・ガーナvsドイツ
27:30~ グループD・オーストラリアvsセルビア


各試合の終了後、結果および感想追記していきます



・グループCは1位アメリカと2位イングランドが決勝Tへ

スロベニアvsイングランドは0-1でイングランドが勝利。
得点欠乏症ながら勝たなければ危ない状況だったイングランドとしては、良い形で先制できてほっとしたでしょうね。守るか攻めるか、ゲームプランの判断はとても難しかったと思いますが無事最後まで良い具合に逃げ切りました。ただ、やはり追加点のチャンスに決めきれない、特にルーニーに得点運がないのは決勝トーナメントを勝ち上がるに向けての不安要素ですね。
スロベニアも同点のチャンスはたびたび作りながらも決めることができず結局負けてしまい、さらにもう一つの試合でアメリカが勝ったために3位転落。決勝トーナメント進出はなりませんでした。

アメリカvsアルジェリアは1-0でアメリカ勝利。
アメリカはスコアレスドローではグループ3位となってしまう状況だったのですがロスタイムに得点、一気にグループ1位にあがり決勝T進出を決めました。


結果的には順当な2チームが決勝Tに勝ち上がりました。



・グループDは1位ドイツと2位ガーナが決勝Tへ

ガーナvsドイツは0-1でドイツ勝利。
2戦目を落とし、3戦目の相手ガーナも強力なチームなのでまさかの事態もありうるなぁという状況でしたが結局ドイツが勝利し決勝T進出を決めました。
ガーナも敗戦ながら他会場試合結果の関係で2位が確定、こちらも決勝T進出です。アフリカ勢の希望となりそうですね。

オーストラリアvsセルビアは2-1でオーストラリア勝利。
セルビアは個人的に注目していたチームの一つで、ドイツに勝った時点で16強入りをほぼ確実視していましたがまさかここで豪相手に敗戦するとは...。


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ochatsu.blog36.fc2.com/tb.php/1763-860116c3

ムーバブルフレーム(=゚ω゚)ノ どうも田村です。 今日のテーマ 「固形石鹸、液体石鹸、どっちが好き?」 うーむ、甲乙つけがたし。 とい...
いやはや、セルビアに負けて一時はどうなる事かと心配したドイツだったけれど、最後はシッカリ締めて来るね、やはり。かつての主従関係国であり因縁の相手であるガーナだけに、気の引き締まった試合となった。 セルビア戦とは一転して、前半からスピーディーな試合となっ...
??????辡?????Ф? ???Ĥ??辡????Ф?
[2010/06/24 21:49]
?? | TOP ▲
23日サッカー南アフリカW杯C組の試合が行われ、 スロベニア対イングランド戦がネルソン・マンデラ・ベイで行われ、 0対1でイングランドが前半23分FWデフォーが上げた ゴールを守り切り決勝リーグ進出を果たした。 アメリカ対アルジェリア戦がロフタス・バー...
イングランド、自力で決勝トーナメント進出を決めた
[2010/06/24 23:08]
仙丈亭日乘 | TOP ▲
ずーっと予選から戦ってきて、本大会の最後の最後で得失点差で敗退とかちょっと切ない。 強いチームが強い勝ち方出来ないのが、最近のサッカーの特徴でもあるし、だからこそ日本にもチャンスが・・・。 ま、いろんなドラマがあってこそのワールドカップなので、まだ...
こちらも正念場です!! スロベニア代表0ー1イングランド代表 前半23分、ミルナー選手のクロスをデフォー選手が決めて イングランド代表が先制。 ヒリヒリする戦いでした。このグループリーグCは実質どこの チームにも突破する可能性があったので。 イングラ
[2010/06/25 00:26]
slow,snow | TOP ▲
南アフリカW杯13日目。 C組とD組で決勝トーナメント進出国が決まります。
[2010/06/25 00:46]
FREE TIME | TOP ▲
????? ????ä?????λ? ?Τ???????????????¸? ??Υ?????Τ? ?? ?????...
[2010/06/25 01:29]
ä?İ | TOP ▲
若しこれがW杯でなければ イングランドにとって小国スロベニアとの試合なんて 鼻歌まじりで、ルーニーやジェラード、ランパードなんて間違いなくベンチ温存だろう。 それが全てのプライドをかなぐり捨てて とにかく1点を! どんな無様であろうと勝ちを拾いに行っ...
プロフィール

おちゃつ

Author:おちゃつ
神奈川在住♂

サッカーとか漫画とかアニメとかネットとかが趣味。あと音楽好き。クラシック、ロック、ポップ、アニソンまでもろもろ聴いてます。サッカーはヴァンフォーレ甲府をひっそりと応援しています。わかりづらいかもしれませんが中の人はもう結構おっさんです。

2020年アニメアウォーズ!はこちらへ。

月別過去ログ
カテゴリー
リンク兼ブックマーク
断りもなく追加することあり


このブログをリンク登録
by BlogPeople