おちゃつのちょっとマイルドなblog

毎日のはずが最近はサボりサボり更新中。サッカーとアニメと音楽とたわいもない日記です

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 特別版

フジテレビで今夜(17日)21時から放送されます。

映画後編・公開記念!新撮未公開映像と共に前編を完全復習~今夜限りの衝撃のラストが待っている!舞台挨拶中のオールスターキャスト生中継ありの豪華スペシャル


だそうで、どうやら映画の前編そのものではなく編集されたものっぽいけど映画版のヤツを見てからの方が良いのかな?おまけ映像もありそうなので一応録画しときますが...。


のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]
(2010/06/04)
上野樹里

商品詳細を見る

映画のだめのウィーンロケ

映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編&後編」のロケの様子がサンスポ記事そしてヤフー(ぴあ)記事に出ていました。

ウィーンフィルの拠点・楽友協会でも撮影が行われたとありますが、なんと畏れ多いことを...。でも、作り手の本気度合いが伝わってきますね。

TVドラマ版は正月SP放送も含めずっと見てきましたが、最終楽章というだけにこの映画で完結となる模様。二部作で、まず前編が12月19日に公開されるとのことです。後編は2010年春とのこと。間が空くのはちょっと残念ですが、これは見たいなぁ。

ちなみに、BSフジにてドラマ版ののだめが放送されるようです(7月10日夜23時~24時10分)。見たことがないというかたはこの機会にどうぞ。


のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]
(2008/05/09)
上野樹里玉木宏

商品詳細を見る


のだめinヨーロッパ 第2夜

ドラマ版のだめカンタービレの新春SPとして「のだめinヨーロッパ」が2夜連続放送されまして、昨夜はその第2夜の放送がありました。

第1夜は千秋のコンクールがメインでしたが第2夜は恋愛要素も強くいかにもドラマらしい構成になっていたように感じました。僕が印象的だったのはのだめの成長過程という面です。

理論的な勉強をしてこなかったので授業で周りに付いていけない。
千秋のモテモテ写真が送られてくる。
いつかは自分がと思っていた千秋指揮でのコンチェルトを孫ルイに先を越されてしまう。
それらの焦りから自分を見失い、孫ルイのコピーをし演奏するがオクレール先生に一蹴される...。「君はここに何しに来たの?」答えられないのだめ。

ここら辺でのやさぐれ具合は凄かったですね。 


国内編のドラマを見てないと掴みづらいでしょうが、のだめはやっぱり演奏が好きだし、聴いてもらうことの喜びもコンクールで知ったわけですよ。しかし今は焦りと混乱でそれを忘れてしまっている。
オクレール先生はちゃんとその辺のことを理解してるんですね。
「すっかりわかんなくなっちゃったみたいだね」と言いつつのだめにリサイタルを提案する先生。もう一度自分自身で思い出させようとするわけです。

先生の助手が代理で見てくれるときは助手はのだめのこと理解してないですから当然厳しくのだめに接します。これでまたへこみますが、オクレール先生は違うw もじゃもじゃ組曲をきっかけにしながらアナリーゼの大切さをのだめに感じさせます。(余談ですが、もじゃもじゃ組曲聴くと川澄ボイスの歌が脳内再生されるんですよねw)

で、教会にミサ曲を聴きに行ったり文献読んだりでモーツァルトの曲の背景を知ったのだめは見事素晴らしい演奏をリサイタルで演奏しましたとさ。
でもラヴェルは独自解釈でした、というオチまでw
いや~でもここはほんと楽しそうだったし嬉しそうだったしよかったですね。さすがオクレール先生、思惑通りという感じでしょうか。


もちろんのだめ単独だけではなく千秋との恋愛ドラマもありその他色々ありで詰め込みすぎなくらいたっぷりと見せてくれた第2夜でしたが、やっぱりこうしてのだめの成長がしっかり描かれていたのが印象的だったんですね。普通にみれば恋愛の方がメインなんでしょうけどねw

詰め込んだ分千秋の長期演奏旅行がすごく短いような感覚がしてしまったりで時間経過具合が捉えづらかったですけど、それでも十分楽しめたしよくやってくれたなぁと思います。
もうドラマ版はこの続きはないんだろうなぁ...。でもいつかまた続きを見たいですね!



のだめinヨーロッパ 第1夜

ドラマ版のだめカンタービレの新春SPとして「のだめinヨーロッパ」が2夜連続放送されていますが、昨夜はその第1夜の放送がありました。


コミックは一応読んだのですがほとんど読み込んでませんから意外と新鮮に見れました。
もともと連続ドラマとして放送されていたものの続きですね。千秋やのだめが渡欧を決心するところで終わってたんですけど、このSPではその渡欧後の様子が描かれています。

昨日録画しながら生で見て、まだ見返してないので細かいところは忘れたりもしてますしあまり感想らしい感想も書けませんが、個人的には十分楽しめたかなという感じです。ケチの付け所はいくらでもありそうですがやってくれるだけでもありがたい。

一番のポイントは海外ロケってことで外国人とのやりとりですが、フランクとターニャにウエンツとベッキーを起用し日本語でいける事にしたのがどう評価されるか、ですね。むしろアニメのほうがこういう面でも融通効きそうですが、ドラマだとやっぱり風景や建物の美しさとか芸術の本場の雰囲気とかそういうのが感じられていいですよね。
漫画版のキャライメージとは違う(特にベッキー)んでもしかしたら原作至上主義の方には不評なのかな?もっとそのキャラらしい役者さんを起用して訳は字幕でもそれはそれでアリだったかもしれません。でも原作を気にしなければウエンツやベッキーでも特に悪くはなかったかな。一応外人顔だしねw

で、第1夜ではのだめではなく千秋のプラティニ国際指揮者コンクールの話が中心でした。
千秋の欧州での最初の試練ってことですね。以下あらすじ(反転)
2次予選まではすんなり突破。しかし3次予選で有力な指揮者ジャンと同じ課題曲となり、ジャンの流麗・色彩的な演奏に焦りを感じた千秋はそれ以上の演奏をしなければと我を失ってしまう...。なんとか最終の本選に進んだ千秋、次は挽回とばかりに生き生きとタクトを振り、見事優勝と。その後いきなり拉致られて...というところで1夜目終了。まぁこんな感じです。

時間配分がわからなかったので途中までかなと思ったら一応コンクールは全て第1夜で消化しました。結構このコンクールの様子には力を入れていたようで、間違い探しのところも細かくやってましたね。あとホルンのおっさんとコンマスさん、いい味出しててナイス演技でした。

引き続き今夜も第2夜が放送されるので楽しみにしたいと思います~。


「のだめ」新春SPクランクイン

フジテレビ系で放送されたドラマ版のだめカンタービレですが来年に新春SPとして2夜連続放送されることが決まっております。(これ7月のネタです、今まで知らなかったんですがw)

千秋やのだめが渡欧してからの話ということで、このたびパリでの撮影がクランクインしたとのこと。


いやーほんとにパリロケやっちゃうんですね。正直金もかかるし外国人キャラの問題もあるしドラマの続きは期待薄かな~と思ってたんですけど。通常の連続ドラマで続編をしてくれたら最高でしたけど2夜連続SPでもやってくれるというのはありがたい。人気に応えてくれたフジテレビには感謝、いいロケになることを願っております。
1回につき2時間ずつくらいかな?構成難しそうだけど、期待しましょう。

のだめ11話(最終回)

のだめカンタービレのドラマ第11話を見ました。
内容に触れてますのでまだ見てないかたはご注意を。

今回は最終回。のだめが実家に帰ってしまったのを追いかけていく千秋やR☆Sオケのクリスマス公演が描かれていました。
時間がいつもより長いとは知らず今まで通りに録画してたら途中で1回止まってしまったので焦りました。でもすかさず録画再開。録画ファイルが2つに分かれてしまい残念w

で、短いながらも感想ですが最後までほんと素晴らしい作品でした。河原の場面もよかったし、本番メイン曲前のメンバーの千秋に向けてのセリフ、そしてラストのベト7のところは特に感動しました。演奏しているときの表情や客席の表情ですごく伝わってくるものがありました。
楽しく、面白く、感動的な音楽の時間をありがとう。スタッフ、役者さんみなお疲れ様でした。

終わってしまうのはすごい残念です。原作では渡欧して、さらにまだ続いてるんですよね?舞台が欧州だと続編TVドラマ化は厳しいかなぁと思いますが続きが見たくてたまりませんね。一応メールしてみようかなぁ...。

読んでいただいた方、ありがとう。
トラバでお付き合いいただいたブログ様、ありがとうございました。僕は最近ほとんどドラマを見ない(=ドラマ関連の記事を書かない)人間なのでこののだめドラマがなければ接点が無かった方ばかりだと思います。皆様の記事は毎回読ませていただき、楽しませていただきました。アニメ版の記事をやられるようならそのときはまたお世話になるかもしれませんね。また、特番や映画化、続編等があったときもよろしくです。どうかこんごもよろしく。 

のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤) のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
オムニバス(クラシック) (2007/01/01)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

のだめ10話

のだめカンタービレのドラマ第10話を見ました。
内容に触れてますのでまだ見てないかたはご注意を。

今回は...のだめコンクール2次選通過、Vn高橋登場、清良と峰、R☆S千秋の後任指揮者手配、のだめ本選に向け練習も熱でダウン、練習不足のまま本選、コンクール後ののだめと千秋、クリスマス公演選曲メインはベト7に、のだめ帰郷...というところまででした。

最終回に向けての今回、詰め込みすぎを心配しましたがとってもスムーズに話が構成されており全くの杞憂でした。今回の話のメインはのだめの本選とその後の千秋とのやりとりでしょうかね。「自由に楽しく弾いて何が悪い」というのはすごくよくわかりますよね。体調不良で練習不足でも最後まで諦めずに挑んだ本選、個人的には1位になれなくてもとっても立派だったと思います。もっとも、本人にはそれでは意味のないことなのでしょうけど...。

いよいよ次回でドラマは最終回ですか。うーん良作だっただけに寂しいなぁ。早く見たいような見たくないような複雑な心境です...。

ストラヴィンスキー:〈ペトルーシュカ〉からの3楽章 ストラヴィンスキー:〈ペトルーシュカ〉からの3楽章
ポリーニ(マウリツィオ) (2002/10/09)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る

プロフィール

おちゃつ

Author:おちゃつ
神奈川在住♂

サッカーとか漫画とかアニメとかネットとかが趣味。あと音楽好き。クラシックからアニソンまでもろもろ聴いてます。サッカーはヴァンフォーレ甲府を応援しています。

2015年アニメアウォーズ!はこちらへ。

月別過去ログ
カテゴリー
リンク兼ブックマーク
断りもなく追加することあり


このブログをリンク登録
by BlogPeople